記事一覧

長男と二人のシルバーウィークを弁天浜キャンプ場で

妻と長女がシルバーウィークは東京に行くと言うので、僕は長男と二人で旅に出る事にした。

充分満喫できるように、行く前からどうやって楽しもうかアレコレ考えます。移動は車で。旅館にするのかキャンプ?車中泊?

うーん、ネットでアレコレ調べた結果、一日目は日本海の弁天浜キャンプ場に泊まり、シュノーケリングと釣りとSUPで楽しむ。
二泊目は標高の高いおおやスキー場のキャンプ場に泊まり、星空を観ながら長男と語らい星空撮影をしよう!となりました。

弁天浜キャンプ場は予約を取り、二日目は気変わりすることもあるので予約せずに出発。

朝6時に日本海を目指し竹野の弁天浜に向かいます。途中買い物したりしながら、3時間で9時に到着。


受付に行くと葉加瀬太郎似の方が出迎えてくれます。受付も終わり早速キャンプ設営を開始。

自覚がでてきたのか?何も言わなくてもペグ打ちをしてくれます。よーし!いいぞ長男がんばれ!

長男の頑張りもあり、快適そうなキャンプサイトになりましたね。うん、バッチリ。テントは春に6人用が安く売っていたので、ポチっとしたテントで、楽々で建てる事ができます。しかし、この広さで6人用は狭いなぁーと思う広さ。家族4人だと荷物も増えるので、10人用くらいのテントがいるかもしれないな。。。。。。

ターフは、15年くらいずっと使っているもので、慣れているのであっという間に完成。

一応、サイト設営もバッチリなので、遊ぶぞー!!!!!まずは釣り。前日に購入したアオイソメを持ってキス狙い。

フグばっかりで、SUPの釣りに仕切り直し。

SUPを膨らまし、イスを設置してボードに載せる釣り具を透明のケースに入れて準備します。

SUPで沖まで行き、ロックフィッシング!沖から人が入れない岩場を探し、ポイントらしい所にキャストしていきます。

防波堤のお陰で波も穏やかでSUPフィッシングとしては、とても良い環境です。うーん、本当いい浜。

で、1時間程でこの釣果。小型ですがアコウですよ。高級魚ですよ。うーん、素晴らしい。うーん、本当にいい浜だ!

SUPで釣りをしていると正直疲れます。常にバランスを保つ必要がある為、腰の負担が大きく浜に上がった後に腰を伸ばしたくなります。僕は、折り畳みの布製の背もたれを用意して負担の軽減をしています。また、ロッドを片手にパドル操作が必要になりますので絶対にカーボン製の軽いパドルが必須となります。そして、ライフベストにはロッドホルダーも必須アイテムです。移動の際は、ロッドホルダーがないと軽快に漕げません。

じゃ、なんでSUPで釣りするんだ?と思う方もいるでしょう。そりゃ、釣りをするにはボートやカヌーの方がずっと楽だと思います。でも、SUPは海水浴の御伴として波乗りもできるし、SUPの上に立って何所までも漕いで行く事ができるとっても万能な遊び道具なんです。なので海水浴でちょっと釣りもしたいなって時には最適なツールなのですよ。

おさらいすると。海に行き
1.波がある→波乗りして遊ぶ
2.波がない→立って漕いで楽しむ。釣りを楽しむ。
波の有無に関係なく遊べるんですよ。だから僕はSUPなんです。ひっくり返っても沈みませんしね!

さて、その日の晩は歩いて15分程のところにある北前温泉に入り二人で夕食を食べました。星空は雲がかかっており撮影できませんでした。


さて、翌朝は朝早くから陸っぱりです。いきなりダブルヒット!


前日と合わせて、アコウが6匹。ちょっと大きめのガシラが1匹。
これで気が変わり、ここで連泊することにしました。

居残る事にした途端、昼過ぎにはキス連発!アオイソメがまだまだ元気だったお陰かな?三枚におろして、塩胡椒で美味しく頂きました。次から天ぷらの用意もいるなぁ。

延泊を決意したので移動が必要なくなり、釣りやSUP以外の遊びはないかな?って余裕ができましてね。

さっきからピーヒョロローってトビが数匹飛んでいます。これだ!ってわけで、車からD7200と18-270mmを持ってきてトビの撮影にチャレンジしてみました。鳥の撮影ってやった事ないのですが・・・・・・・うーん、こんなに難しいとは。

こんなんや、あんなんばっかりで(悲

なんとか、見れる写真がコチラ

SUPで遊び、釣りして遊び、トビの撮影して遊び・・・・俺達、遊んでるなぁ→を親子で満喫。さて、夕食に備え近くのスーパーまで買い出しに行くのに自転車を借りてスーパーでお酒や食べ物を購入して、またまた北前温泉に行きました。今回は親子でサウナに入り我慢大会。お父さん余裕の勝利で、その後の水風呂我慢大会もお父さんの勝利。

帰ってアコウとガシラを刺身の作業をしていると、長男が友達できたから遊んでくるという。今日から来たお隣さんのお子様と遊んでいる。

結局、僕もお隣さんの輪に入れてもらいました。

子供たちは花火をしたり

楽しい夜は過ぎていきます

9時半にはもう眠くて・・・・・

翌朝、長男の宿題でシルバーウィークの出来事を日記に書く為に早く帰る事になり、10時に弁天浜キャンプ場を後にしました。

帰りに海鮮丼(¥1400円)を食べ、渋滞を予測しながら午後2時には到着。

いやー、楽しかったなぁ

日本海でSUP

夏休みが終わったので日本海で遊んできました。
ガラガラの海水浴場でキス釣りしながら、SUPをしたりシュノーケリングしたり、混雑しているとできない遊びです。


程よくガラガラです。


向こうにあるのがSUPです。赤の方が見栄えしますね。


うーん、写真で見るとすごく太ったな。夏になると太るのはどうしてかな?ビール?だよな。
娘は沖まで行くと怖がるので、長男と沖まで行ってみました。


浅瀬は遠浅なのでクラゲいませんが、沖まで行くとこんなにいます。ほぼ隙間なくいるので、SUPから落ちたら素早いリカバリをしないとクラゲに刺されます。刺されました。内モモ。30分くらいはチクチクしますが、30分過ぎれば痛みはなくなります。

今年はキスが少なくフグばかりでハリスが切られてばっかり。キスが釣れれば大きいんですけど、こんなに数が少ないとね。開きにして炉端大将で焼いて食べますが、あまり釣れないので炉端大将の出番が少ないです。

仕事が忙しいので早めに帰りましたが、来週もなんとか時間作って行ってきます。次回はSUPに釣り道具を固定できるようにして、沖でアコウ狙いしてきます。

子供とキャッチボール

土曜日に音楽会のあった子供たち。翌週の月曜日が振替休日だったので、それに合わせて僕も休みをとりました。

以前からキャッチボールが苦手な長男。数回のキャッチボールで正面のボールはキャッチできるようになったので今回は難易度を上げてフライのキャッチを練習。頭に当たる可能性を考えて柔らかいボールで開始。

最初は、2mくらいの高さで緩い球を投げる。10分くらいすると慣れてきたので、フライの際のボールの掴み方などを指導。次に右に左に振り分けて移動してのキャッチを覚えさせる。

段々と3m、5mと高さを加えていく。1時間くらいでこっちの肩が・・・・・というわけで終了。

次回は軟球でグローブを使ってキャッチボールに挑戦だな。

やってしもうた

鳥取にサーフィン行ってきました。

子供達の波乗りを撮影しようと波、風強い中を海に立ってたんですが、カメラ落としてしまいました。すぐに潜って探そうとしたんですが、次から次へと波がやってくるので、カメラを見つける事ができず、諦めて帰ってきました。

カメラはまた買えばいいですが、撮った写真が戻らないのが辛いです。
はぁ(T ^ T)

悲しい夕焼け

日本海でSUPを楽しんできた。

買ったばかりのスタンドアップパドルボードで遊んできました。福井の高浜のとある海水浴場に8時半に到着。

早速、子供に乗らせてみる。

まずは、浅瀬で練習。上手に向きを変えれるようになったら、沖へ

沖の岩場近くをゆっくり進み水中眼鏡で海中を覗いて見たら、けっこうな数のお魚達がおりますが、カメラ向けるとすぐに散ってしまうσ^_^;
というわけで水中の写真はなし。大きなチヌがいたんだけどね。

色々楽しんでいると2時間くらいあっという間に過ぎてまして、選手交代。

うーん、SUPでとっても楽しい日本海でした。

SUP購入した。。。。。。。


買いました。スタンドアップパドルボード通称SUP。後ろのは随分前に買ったバナナボートです。
妻には断りなく買ったんですが、外食の際に買った事を言うと機嫌悪くなり、こんど相当額である5万円で何かを買ってあげなきゃならなくなりました。怒られる事は予測してたし・・・まぁ、その程度ならね。ライカのレンズに比べたらね。

インフレータブルなんで、18気圧の空気を手動ポンプで入れますが、10気圧越えるとかなり大変で汗ダラダラ書きながら空気を充填。ポンプを外す際は空気が漏れないように逆し弁が効くように慎重に外します。急いで外すとあっという間に空気が抜けます。慣れれば大丈夫。

で、早速長男長女を連れて日本海に行ってきました。買って正解。
続きはまた後日。

以上

淡路島でSUP(スタンドアップパドルボード)してきました。

淡路島で一泊海水浴。ずーっと、夏風邪が治らなくてちょっとダルさ引きずりながら行ったんですが、酒のんだら吹っ飛びました。

で、パパ友さんの計らいでSUPをレンタルできまして、楽しんできました。うん、なかなか楽しかったです。波のないところで乗ったのですぐ飽きましたが、波のあるところでやるともっと楽しいんでしょうね♪

買ってみようかな・・・・奥さんに怒られるな。きっと

新品でライカのレンズ買った事をまだ根に持ってるからな。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ